カウンセラー・メンタルトレーナーのブログ!

半世紀以上生きてきた私が躁鬱病の寛解まで復活した経験とカウンセラー・メンタルトレーナーとしての言葉を綴ります。

私のカウンセリング2。

出会った方の中に


「心理療法」を受けている


方がいらっしゃって


大変興味を持ちました。




そこで自分のカウンセラーに


尋ねると「○○さんには必要ありませんよ」


と言われがっかりして、カウンセラーを


変えていただくことにしました。




それでも同じこ「傾聴」だけで、


前と余り変わりませんでした。




それでカウンセリングはやめました。




そして少しうつが回復してネットを


みることが出来るようになった時、


始めて「心理療法」のことを知り、


大変関心を持ちました。




それが8年前、私は心理学の勉強を


始めました。




そして、職場のストレスでうつが


悪化したので、仕事を辞めることを


考えるようになり、


次はカウンセラーやメンタルトレーナーに


なりたいと思って資格を


いろいろとりました。


そして訓練も受けました。




ですから何が言いたいかというと、


私は「傾聴」だけで終わるカウンセリングは


しません。




もちろん最初は「傾聴」して、


クラアントさまがおこれている現状を


しっかり受け止めます。




そしてクライアントさまの心の奥に


ひそむ原因を突き止めて、


クライアントさまにあった


心理療法でカウンセリングを


進めます。




もちろん、1回で解決する場合も


ありますが、複雑な事情の場合は


1つ1つ紐解きながら苦しみから


解法されるよう導いていきます。




「心理療法」だけでなく、「メンタル」自体も


ストレスに負けないような強いものにしていきます。


それは今までブログに書いてきたようなことを


具体化してものです。




どうぞお気軽にお電話ください。




https://mental-counseling.com/

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。