カウンセリング・メンタルトレーニング・お悩み相談やっています!

半世紀以上生きてきた私が躁鬱病の寛解まで復活した経験とカウンセラー・メンタルトレーナーとしての言葉を綴ります。

なりたい自分。

ストレスの正体をよく見つめていると、


要は現在の自分に対する不満であることに


気づくはずです。




本当はこんな自分になりたい。


そうしたなりたい自分像と


自分自身にギャップを感じ、


それゆえ、自分にイラついているのです。




そのギャップをよく見つめていると


自分ではどうしようもないギャップと


なんとか自分で埋められそうなギャップと


二種類あることがわかります。




社長の子供に産まれたかったとか


絶世の美女に産まれたかったなどという


ギャップは生まれ変わらなければ、


永遠に埋めることは出来ません。




しかし、もっと積極的になりたいとか


もっと人と楽につきあえる自分に


なりたいというようなギャップならば


簡単ではありませんが、


気持ちを切り替えることで


少しずつギャップを埋めていく


こともできるのではないでしょうか。




ほんの少し現在の自分の殻を破って


なりたい自分に近づいていく積極的な


姿勢が、ストレスをも吹き払ってしまうことも


あるでしょう。




https://mental-counseling.com/

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。