カウンセリング・メンタルトレーニング・お悩み相談やっています!

半世紀以上生きてきた私が躁鬱病の寛解まで復活した経験とカウンセラー・メンタルトレーナーとしての言葉を綴ります。

離婚の危機。

妻とは結婚して32年になります。


妻は私より6歳年上です。


彼女は人とコミュニケーションをとることが苦手です。


音楽と読書が好きという趣味はいっしょでした。



妻は私を必要としていました。


付き合うことになったのも


彼女からのアプローチです。


私は必要とされていることが心地よく、


一緒にいるのが幸せでした。



結婚することを考えたのは


正直言ってそれだけではありません。



私の実家は夫婦喧嘩が絶えす、


早くそこから自立したいということも


ありました。



結婚生活は順調でした。


子供も男子と女子をきちんと


育ててくれました。



当時は私の収入も多く、


何も問題もないように


思われました。



しかし、子育てが終わると


妻はネットのゲームに熱中するように


なりました。



今から考えると妻は依存症だったと


思います。



私も仕事の中心の生活で


妻とのコミュニケーションは


とれていませんでした。



するとある日、私が仕事から帰ると


妻は夕食の準備もしないで


ゲームをしていたのです。



私は仕事の疲れもあって


激怒して、離婚という言葉を出しました。



すると妻は


「あなたは私がひとりでは生活できない」


とわかってそんなことを言うんでしょ?


ずるい」


と言い返しました。



それから冷戦状態が続いていたある時、


私の母が寝たきりになりました。



私は仕事が忙しくてどうしようもなかった時、


妻は自分から進んで実家に通い、母や父の世話を


してくれるようになりました。



そんな慌ただしい生活をしているうちに


私は妻に感謝できるようになりました。



今でも妻はゲームをしていますが、


時間も短く、家事はきちんとしてくれて


いるので不満はありません。



「自己理解」と「他者理解」が必要ですね。



今日から7月。


北九州は梅雨が明けず


天気が不安定で、


昨日はお雨。


今日は真夏日。




体調管理に気をつけてくださいね。



7月も無理をせず頑張りましょう。



https://mental-counseling.com/

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。