カウンセリング・メンタルトレーニング・お悩み相談やっています!

半世紀以上生きてきた私が躁鬱病の寛解まで復活した経験とカウンセラー・メンタルトレーナーとしての言葉を綴ります。

老い。

「さかさまに行かぬ年月よ。老いはえ逃れぬわざなり」


紫式部『源氏物語』より




「年月はさかさまに過ぎることはないものだよ


老いは逃れられないものだよ」




気持ちは18歳くらいのつもりでいますが、


55歳の身体はボロボロです。




少年のころは「早く大人になりたい」と


思っていました。


「大人は自由だ」と


思っていました。




現実はまったく違って


いました。




気がついたら、人生の半分を


過ぎていました。




そして




残りの人生が残り少なくなった今


やっと「老い」を受け入れる気持ち


になりました。




どうせ「老い」るなら、


キレイに(心が)老いたいと


思います。




毎朝ウオーキングしていると


「キレイ」に老いた先輩方を


よく見かけます。




もうあがかずに静かに


余生を過ごしたいものです。




https://mental-counseling.com/

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。