カウンセリング・メンタルトレーニング・お悩み相談やっています!

半世紀以上生きてきた私が躁鬱病の寛解まで復活した経験とカウンセラー・メンタルトレーナーとしての言葉を綴ります。

窓際のサボテンと猫の話。




サボテンはおわかりになると思いますが、


隣の箱の中には、我が家の歴代のハムスターの


お骨が入っています。




今はウサギ(2匹目)ですが、8年前まではハムスターを


飼っていました。


世話役はもっぱら子供達でした。


最多で28匹まで増えました。




もちろん同時ではありません。


増えるたびに、ご近所さんや知人に


譲っていました。




亡くなる度に動物専門の火葬場で


火葬してもらいました。


お経も唱えてくれるんですよ。




ペットっていいですよね。


癒やされます。


部屋がかたづいて、金銭的にも


余裕ができたら猫か犬を


飼いたいと思っています。




ここで、猫の話。


私が妻と出会ったとき、


妻は下宿で猫を飼っていました。


雄猫です。


はじめはまったく私になついて


くれませんでした。


猫は自分のほうが格上だと


思っていたのでしょうね。




しかしある日、猫が尻尾がちぎれて


瀕死の状態で帰ってきたとき、


私達は夜にもかかわらず、


動物病院を探しました。




何件か探しているとやっと


開けてくだる病院があり、


猫は九死に一生を得ました。


私の服は血だらけ。


でもそんなことは気になりませんでした。




それ以来、私にもなつくようになり、


一緒に昼寝をしたりなどするようになりました。




ところが、私たちが婚約し半同棲になったころ、


猫は突然、姿を消したのです。




何ヶ月も探しましたが、結局見つからないままです。




その時、こんなことを考えました。




「今度は君がご主人さまを守るんだよ」


という猫からのメッセージではないかと。




そしてその2年後、私たちは結婚しました。


私は「マック(猫の名前)」に誓いました。




「私がしっかり妻を守っていくから」と。




今日は体調が今いちなので、更新はこれ1本に


させてください。




最後まで読んでくださりありがとうございました。


明日もよろしくお願いいたします。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇




まだご覧になっていない方はぜひご覧になってください!雑誌の取材を受けました!


カウンセリング・メンタルトレーニング・お悩み相談


受付中です。


24時間365日(深夜は要予約)営業中!


クリックしたくない人は


「カウンセリング 鶴添」で検索!(Skypeは電話後「turutyan」で検索!ZOOOM・hangoutsもできます)

https://mental-counseling.com/


私のサイトの「カウンセラー・トレーナー紹介」のURLです。

https://mental-counseling.com/guidance/


メルマガつるちゃんの「心のサプリ」
毎日発行!


登録をお願いします!

https://www.mag2.com/m/0001683997.htm

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。