カウンセリング・メンタルトレーニング・お悩み相談やっています!

半世紀以上生きてきた私が躁鬱病の寛解まで復活した経験とカウンセラー・メンタルトレーナーとしての言葉を綴ります。

考え方を変える。

物事をネガティブにばかり


受け取っていたら、


自己否定につながります。


自己否定は多くの悩みの


根源です。




ある事態に出会った時に


自分がどう考えるかを


客観的にとらえることが


大事です。




そのためには


「書く」ことが有効です。




実際に起こったことを書き出して、


その時の自分はどう考えたか、


どう行動したか、


箇条書きに書いて、


その発想、行動を


見直してみてください。




実は自分の思い込みで


あったかもしれません。




どうすれば解決できたのでしょう。


対処法も書いてみましょう。




そういう習慣をつけて、


物事の考え方について解決志向を


身につけましょう。




カウンセリングでも


そういうことを


やっていただくことが


多いです。


そうやって心に絡んだ糸を


一本一本ほどいていくのです。




もちろん「解決方法」は自分ひとりでは


考えつかないことがあります。


それをカウンセラーが手助けするのです。




ポジティブな自分もネガティブな自分も


受け入れ、そういう自分を客観視する。




そうすることで前向きになれることが


多いです。




もちろん複雑で重篤な精神状態では


専門的な心理療法が必要です。




それもカウンセラーは身につけているので


任せてください。




今日もお付き合いありがとうございました。


来週も暑い日が続くようですが、


十分休息をとってくださいね。




https://mental-counseling.com/

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。