カウンセリング・メンタルトレーニング・お悩み相談やっています!

半世紀以上生きてきた私が躁鬱病の寛解まで復活した経験とカウンセラー・メンタルトレーナーとしての言葉を綴ります。

違った目線で見てみましょう。

以前テレビで作家が子供達に教えていた、
発想の転換によってストレスをストレスでなくしてしまう方法です。


一日の終わりに、今日起こった出来事の中でイヤだったこと、


つらかったこと、なかったほうがよかったものことなどを書き出してみる。


そのうちの1つを選び出し、翌日、周囲の人はその出来事を


どう思ったかを聴いてみるものです。。



たとえば、体育の時間に、自分がミスしたことによって味方チームが


負けたとしましょう。あなたは大いに悔しかったし、恥ずかしかった。
その思いが一日中あなたのストレスとなって重くのしかかっていました。



ところが、翌日、クラスメートに聴いてみると、


「シュートをミスしたあなたの顔がおかしくて、


みんなで笑って、クラスの雰囲気がよくなった」


とか「自分はスポーツが苦手で親近感をもてるようになった」など、


思いもかけない反応が返って来る場合が多いのです。




自分がどうしようもなくイヤだとか、悔しいと思ったことも、


客観的にみれば、いい面がたくさんあるのだということを知ると、


思い詰めていた自分がばかばかしくなります。
このように自分の思いこみを他人の目からチェックしてみると、


ストレスの原因となった出来事のよい面が見えてくるものです。



私は学生時代、「おまえは自分で悩みを作っている」と


友人から言われたことがあります。
まさにその通りです。


https://mental-counseling.com/

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。