カウンセラー・メンタルトレーナーのブログ!

半世紀以上生きてきた私が躁鬱病の寛解まで復活した経験とカウンセラー・メンタルトレーナーとしての言葉を綴ります。

ちょっとした心理術。

1、今、軽めの心理術の本を読んでいるのですが、


気になったものを少し紹介します。




1、話をするとき、文末が「い」で終わるようにする


と好感を持たれる。




なぜかというと、口の形を思い浮かべてください。


今「い」で終わりましたよね。


口をどうなっていますか?


口角が上がって微笑んでいるように


見えませんか?


写真を撮るときの「チーズ」も「チー」で


口角が上がるんです。


「キムチ」というのもありますよね。




2、顔の右側を相手に見せるようにすると


知性的に見える。、




なぜかというと、左脳は知的で


論理的な思考をするところですよね。


左脳がコントロールする右側に


それが現れるんです。




3、笑うときは声を出して笑う。


(大げさにする必要はありません)




なぜかというと、ただニヤリとするだけでは 


苦笑いにもみえて、皮肉っぽく見えるからです。


声に出すと、話した人は「この人は私の話を


本当におもしろいと思っているんだ」と


感じるからです。




すでに人から好感を持たれている人は


無意識にそういうことをしているんでしょうね。




私は仏頂面をしているので、参考にしたいです。




https://mental-counseling.com/

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。